更新日:2022/08/13

楽天から損害賠償金の一部の支払いがなされました

株式会社トランプ,矢作和徳,トランプ,社長,楽天エクスプレス,軽貨物

楽天グループより買い叩きの金額は全額、契約解除に伴う金額に関しては一部の支払いがなされました。
これから私たち株式会社トランプは楽天グループ株式会社に対し、刑事事件も視野に入れての裁判を行います。
そして、今後この様なことが起きない様にしっかりとトランプとして正しく不正のない軽貨物業界を創っていけたらと思います。
軽貨物業界の癒着や横領が当たり前の時代を私たちで終わらせます。

※下記の文章は社長のインスタグラムより抜粋

誰かがやらないといけない
誰かが軽貨物業界の不正や癒着と本気で戦わなければいけない
誰かが契約違反をされた時に泣き寝入りじゃなくきちんと戦わなければいけない
誰かがこの軽貨物業界を本気で変えないといけない
その革命を僕がやろうと、ちょうど一年前、楽天の弁護士と話した時、その弁護士の軽貨物業界をなめ切った態度を見て、そう心に決めた
悔しいほど楽天は自分達がやった契約違反や不正行為を全くもって悪い事をしたとなんて思ってなかった

少し長いので先に結論を言うと、僕達はこれから行う楽天との裁判に必ず勝ちます
さらに、相手方の一部の者についてはすでに警察の方に告訴状の受理もされています

今回楽天から僕達の軽貨物業界は散々な扱いを受けました
契約書なんて交わした意味すらないレベルでの契約解除
楽天エクスプレストップ達による巨額の横領と不正行為
予算がないから実際に走ってる台数より請求を減らせという買い叩き
事業自体がなくなったんだから契約書どおりの補償なんか当然する必要がないといった開き直った姿勢

小さな僕達の会社が、日本有数の大企業に対し、仕事を急遽打ち切られた後にやる戦い

それはとてつもなく大変な事でした
でも、僕は戦う事を決意した
これが軽貨物業界にとっての革命前夜で、ここで僕がやらなければもう5年は同じ事が続いてしまう

周りからは散々いろいろ言われました
楽天みたいな大企業敵に回したら良い事ない
いろいろ全て失うことになるよ
やったって勝てっこない

でも、それでもいいからやるんだ
もし僕が途中で力尽きて、トランプが負けてなくなったとしても、
その過程でこの業界を正しい形にする為に全力で向かっていく僕の姿勢を見てくれた人がきっと、この戦いのバトンを繋いでくれる
そして、最後まで僕を信じて会社に残ってくれた人達のことも必ずなんとかする

僕は覚悟を持って自分の人生とトランプをこの業界の革命に賭けた

これで軽貨物業界の未来が明るくなれば、ドライバー達の未来が明るくなればそれでいい
所詮ドライバーだから、所詮業務委託だから、こんな大企業に歯向かったって仕方ない…
そんな言い訳は言いたくない
愚痴を言っても何一つ変わらない
その今まで言い続けてきた言い訳と愚痴がこの業界を作り上げてしまった
愚痴なんか言わず、僕と一緒に戦ってほしい
その一人ひとりの覚悟がこの業界を確実に変える力になるから

相手は大企業でさらに僕一人しか戦う者がいなかったから圧倒的に不利に見られたこともあったし、そもそも大企業は悪いことしないんじゃないのかという先入観もある中で、一年以上かけて多くの人を巻き込み全ての真実を白日の元に出し盤上をひっくり返した

たった一人でも命懸けで、人生賭けて勝負に出たら、大企業の不正行為に打ち勝てる
今回の戦いでその証明ができたと思う
だからこそ、この業界に情熱を持って革命を起こしてくれる人は僕と一緒に立ち上がって欲しい
僕と一緒に新しい軽貨物業界の未来を創ろう
まだまだ途中ですが、今まで応援してくれた皆さま、本当にありがとうございました。
心より御礼を申し上げます。
これからもよろしくお願いします。

株式会社トランプ
矢作和徳

EXPRESS

CALL

MAIL

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください